30日無料お試し

ピアノ難曲に挫折しない練習法【部分練習】

  • pocket
  • pinterest
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ツイート
  • facebookシェア

難しいピアノ曲を演奏するには?

幻想即興曲、エリーゼのために。ピアノを弾くならきっと弾いてみたい曲があるでしょう。でも自分のレベルでは、ちょっと難しくて手が届かない。そんな経験ありませんか?たとえば、下の譜面があなたにとって、難しい曲だった場合どうやって練習しますか?

1. 弾けるようになるまで、全体を繰り返し練習
2. 曲を分割して部分部分をマスター


【画像】難しい譜面の例

サッと通しで弾けない難易度の曲の場合、2の部分練習を行いましょう。
(通し練習を繰り返すより、弾けない部分の練習をずっと効率的に・徹底的に行えます)

部分練習とは?

曲を数小節もしくは1小節などの小さなセクションごとに分けて、段階的にマスターする練習法です。各セクションを弾けるようにして、最後に通し演奏をできるようにします。上の譜面を2小節ごとに分割してみます。

【画像】分割した譜例

少し、弾ける気がしてきませんか?それでも難しい場合はさらに小さく1小節もしくはフレーズごとに分割して、各セクションをマスターしていきましょう。

もっと、細かく要素で分解する

右手と左手をそれぞれ分けて、その後両手に。リズムだけ取り出して練習。テンポを落としてなど。自分が演奏できるレベルに分解、分割して練習するのがポイントです。

最後に通し演奏

部分練習したセクションとセクションをつなげる

部分練習の際は各セクションと各セクションの変わり目もあわせて練習してましょう。各セクションをマスターしても、この変わり目が弾けないと通しでスムーズに弾けません。盲点になりがちなポイントです。(赤で囲った箇所)

【画像】分割した譜例とそのつなぎ目

まとめ

いかがでしたか?部分練習は実際にピアノの先生が生徒に曲を教える時に使う有効な指導法です。難しい曲を練習する時はこの練習を行ってみてください。

  • pocket
  • pinterest
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ツイート
  • facebookシェア

他のピアノ上達のヒントを見る

ピアノマーベルについて

幻想即興曲などの難曲も収録した、ゲーム感覚で学べるピアノ学習アプリです。電子ピアノとコンピュータをお持ちの方はお使いいただけます。今回紹介した部分練習は【練習モード】としてアプリの機能に組み込まれています。

練習モードの紹介ビデオ

30日無料お試しへ