ピアノの独学について

  • pocket
  • pinterest
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ツイート
  • facebookシェア

前提としては、教室に通うのがベストです

専門家に正しい方向に導いてもらうのが上達の早道です。フォームやタッチを見てもらい、自分では気づかない悪いクセを都度、指摘してもらえます。基本的に教室に通うことをオススメします。

とはいえ、通えない方もいらっしゃる

仕事・家事などが忙しいので…

  • ピアノ教室に通う時間も余裕もない
  • 宿題というプレッシャーのある生活をしたくない
  • そこまで頑張れない

という方もいらっしゃるかもしれません。

無理なく、マイペースで

特に忙しい社会人の方は自宅で無理なく・マイペースでやれることは実は一つの大切なことです。生活のリズムに合わせて、ストイックになり過ぎないようにするのも、楽しんで続けられるポイントかもしれません。

独学でも定期的に先生に見てもらった方がよい

可能であれば、1−2ヶ月に1回でも定期的に先生に見てもらうのをオススメします。練習の方向性やフォームのチェック等をしてもらい、疑問を解消していったほうが安心です。

初心者の教材の選び方は?

最初につまずかないように簡単な教材を選ぶ

楽譜の読み方から学び直すのが効果的です。動画の音符の種類覚えてますか?

音符の種類

指番号・ミドルCポジション・リピート記号・拍子

まずは始めることが大切

興味のあるうちに、手を動かしてみるのがオススメです。ピアノ学習アプリ「ピアノマーベル」は30日無料トライアル実施中。つまずきにくく段階的に学べる教材なので、自宅でピアノを独学で練習したい人にオススメです。もし、気に入らなかったら、やめればOK。 あなたにリスクはありません。どうぞ、お試しあれ。

30日無料お試しへ

  • pocket
  • pinterest
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ツイート
  • facebookシェア

他のピアノ上達のヒントを見る