30日無料お試し

初見に強くなる!
演奏音域を広げる練習楽譜

  • Googleplus
  • pocket
  • pinterest
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ツイート
  • facebookシェア

5つのドを弾く楽譜。まずは弾いてみてください。

譜面を見て、すぐに弾けるようになるのが理想です。ピアノマーベルのレッスンのメソッド4A-1では5つのドを弾くレッスンが受けられます。気軽に体験いただくため、このレッスンは特別に動画で公開しています。動画の楽譜の通り、弾いてみてください。

【画像】4オクターブのドを弾く練習楽譜


弾けましたか?

弾けなかった方は下の内容も読んで、反復演奏して、サッと弾けるようになりましょう。

なんで、こんな練習をするの?

初心者が両手で2オクターブ弾けるようになって、ひとつ壁を超えたあと、一般的にレッスンは上下に音域が広がっていきます。2オクターブの基準音しか持っていないと予測するのが難しくなり、苦しくなっていきます。

たとえば、下の図の青丸で囲った音は1オクターブ下のドから、距離が離れているので、知っている方以外はすぐに音が予測できないと思います。

【画像】低音部譜表の下の第一加線上音は?

基準となる音を増やすと? 2オクターブ下のドを加えてみます。

【画像】低音部譜表の下の第一加線上音は?-2

上の図の通り、予測が簡単になります。ドから3度上に離れているので、音はミです。

では、4オクターブ分の、ドの位置を見ていきましょう。

【画像】4オクターブの5つのド

真ん中のド

鍵盤のそして、大譜表の真ん中にあります。ともに譜表の外に加線を1本引いた位置にあることも覚えておきます。

1オクターブ高い、低いド

両方とも真ん中のドから8度分(1オクターブ分)だけ、距離が離れています。そして、両方とも線の間にある音です。

2オクターブ高い、低いド

高い方も低い方もも譜表の外に加線が2本ずつ加わっていることに注目してください。

【画像】2オクターブ上・下のドはともに加線が2本引かれた位置

【まとめ】
動画の楽譜をマスターし、弾ける音域を広げていきましょう。
また、ドとドの中間にあるソの位置も覚えると上下の音を推測しやすくなり、さらに便利です。

【画像】4オクターブのドとソの位置

  • Googleplus
  • pocket
  • pinterest
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ツイート
  • facebookシェア

他のピアノ上達のヒントを見る