30日無料お試し

「ドレミ」がよめる人が音名を英語「CDE」で覚えるコツ

  • Googleplus
  • pocket
  • pinterest
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ツイート
  • facebookシェア

英語で音名を覚えるメリット

ポピュラー音楽やジャズでコード弾きをしていく場合、コードは「ABC」で表されます。
英語で音名を覚えることが、コードを覚えることの第一歩となります。

まずは基本的な情報の整理から

英語の音名がABCDEFGの7音の繰り返しで出来ていることを確認します。Gの次はAです。繰り返しの最後がGであることを覚えます。1分間の動画で確認しましょう。


ABCDEFGとラシドレミファソ

最初に覚える2音(数が少ないので大丈夫)

  • C= ド
  • F= ファ (Faの頭文字と覚える)
【画像】鍵盤でのドファ-CとF

終わりとはじまりのアルファベットを覚える

  • G= ソ (終わりのアルファベット)
  • A= ラ (はじまりのアルファベット)
【画像】鍵盤でのドファソラ-C,F,G,A

D、E、Bはとなりの音から分かります

一度に7つ覚えるのはたいへんです。D、E、Bはとなりの音で判断しましょう。

  • D= レ (Cの次の音)
  • E= ミ (Fの前の音)
  • B= シ (Aの次の音)

【画像】レミシ-D,E,Bは隣の音から推測

【まとめ】まずはCFGAの4音を覚えましょう

【画像】鍵盤でのドファソラ-C,F,G,A

ピアノマーベルでマスター

ピアノマーベルでは、分からない音符をクリックすると音名と鍵盤の位置が表示されます。ドレミとCDEが両方表示されるので、自然とセットでマスターしていけます。

【画像】クリックして表示される音名と鍵盤の位置

30日無料でお試しいただけます。ぜひお試しください。

30日無料お試しへ

  • Googleplus
  • pocket
  • pinterest
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ツイート
  • facebookシェア

他のピアノ上達のヒントを見る