30日無料お試し

なぜ初見学習をするのか?
By ショーン・スレイド (Piano Marvel社)

演奏技術と初見

アメリカの多数のカンファレンスで、私は学生のレベルに驚きます。13歳の生徒がラフマニノフのプレリュードやベートーヴェンのソナタを驚くべき正確さで演奏するのを見ることは珍しくありません。しかしながら、私は疑問に思うのです。この生徒は教会ピアニストが突然体調を崩した時に、代わって、演奏することができるのか?友人にパーティーで突然、伴奏をリクエストされた時、うまく演奏することが出来るのだろうかと。

なぜ初見学習をするのでしょう?

まずは、動画「初見テストと大学」をご覧ください。

趣味でピアノを弾くマーク

1曲を完成させるだけで終わってしまうか、色々な曲を楽譜を見て、演奏することが出来るようになるか、それは練習方法次第です。

高校の吹奏楽部での指導を目指すジューリー

彼女はトロンボーンを演奏しますが、高校で仕事を得るにはトロンボーンの演奏に加え、聖歌隊のためにピアノを演奏できる必要があります。でなければ別の人が仕事を得ることになります。

コンサートピアニスト志望のジョン

目標はとても高いですが、伴奏で生計を立てられるようなバックアッププランも必要ではないでしょうか。初見力は新しい曲の演奏に不可欠です。

初見学習における障害はレッスンで、初見の練習をする時間が持てないことです。
技術、理論、楽曲の完成、音楽史の学習でたいてい、レッスンは終わってしまいます。
また、初見学習に効果的なシステマチックなアプローチがないことも挙げられます。
練習の量や状況を適切に評価できなければ、目標を達成することは難しいです。

学生の初見力向上のため、私が教室でしたいくつかのこと

継続する
初見練習を毎日5-10分、短期間繰り返せば、私たちと学生は初見マスターになるかもしれません。習慣化しましょう。
多くの楽曲を利用可能に
楽しめる曲をたくさん用意しましょう。ピアノマーベルでは3000以上の楽譜を用意しています。 演奏を心待ちにする楽曲があれば、習慣化に多いに役立ちます。
評価と追跡
人は評価、報告される時、成長の速度が増します。

では、初見のレベルが把握できない時、どのように目標を設定すればいいのでしょうか?
この問題を解決するのが初見テスト「SASR」です。私は生徒の初見力の成長を把握するのに、毎月使用しています。 また、生徒に自宅で週何回か使用するように指示しています。

要約すると、初見能力の向上には以下の3点が重要です。
・ 新しい曲を毎日弾く。
・ 弾きたくなった時にすぐ弾ける状態にしておく。
・ 毎月評価し、記録する。

ショーン・スレイドは30年間、音楽業界でピアノを教えてきました。
現在は講師、同僚、大学生に、生徒が神経学的に高いレベルで学習できる、テクノロジーを使った音楽教育法を指導しています。

初見力を上げていく具体的な方法は、初見上達のヒントのページをあわせてご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

他のピアノ上達のヒントを見る