30日無料お試し

ピアノソフトを使う利点
by ショーン・スレイド (Piano Marvel社)

印刷された楽譜は長い間、音楽を生み出し、共有し、教育する素晴らしい方法として親しまれてきました。しかし、インターネットの普及により、楽譜をデジタル形式で購入することが増えてきました。多くの人が紙の楽譜でなくパソコンのスクリーンで学習するようになるのも、もうすぐなのかもしれません。

デジタル移行によるメリット

コンピュータは曲の探し方、学び方を変えていきます。Piano Marvelチームがソフトウェアを開発したことで、コンピュータで学ぶ多くの隠れた利点が分かりました。数百人の生徒の使用を経て、印刷された楽譜よりずっと早いスピードで上達することが分かったのです。これには色々と理由がありますが、大きな理由を挙げていきます。

整理
馬鹿馬鹿しく思うかもしれませんが、生徒は印刷された楽譜を探すことに時間をよく浪費します。そして、その間にやる気を失います。ピアノマーベルの整理された楽曲は生徒がすぐに演奏に取り掛かれます。
即座の採点
印刷された楽譜で練習すると、生徒は間違えたままで練習をすることがよくあります。多くの場合、次のレッスンで講師に指摘されるまでその間違いは続きます。そして、指摘された時には、直すのが厄介な悪い癖になっているのです。即座の採点機能はこの問題を解決します。ピアノマーベルは演奏の間違いをその場で示すため、悪い癖を作ることがありません。毎回の練習が非常に効果的になります。
モチベーション
おそらく、生徒の上達にもっとも重要な要素はモチベーションです。ピアノマーベルのインタラクティブな性質は練習を楽しいと同時にやりがいのあるものにします。
上達の記録
上達を実感できることで生徒はやる気になります。現在のレベルやゴールが分かることは何を学んだか、何を上達すべきかの理解を深め、上達へのイメージを鮮明にします。どれだけ学んだかという視点を持てることはやる気を高める上で、とても大切なことです。
責任
先生がいない場合、多くの人が楽器を学ぶのに苦しみます。短い間、定期的に練習した後、数か月後に止めてしまうのはよくあることです。大きな理由の一つは責任がないことです。ピアノマーベルは自動的に練習レポートを作成します。また、目標を設定したり、先生に自動的にレポートを送ることもできます。目標とレポートは自分自身への責任となります。練習するごとに分刻みで目標への練習時間に近づきます。

また、ピアノマーベルを使う生徒は印刷された楽譜だけで練習する生徒より、より長い時間演奏しているとの報告もあります。印刷楽譜に将来的にも需要がある一方、印刷楽譜からデジタルへの移行は皆が考えているより、早く進んでいくでしょう。

ショーン・スレイドは30年間、音楽業界でピアノを教えてきました。
現在は講師、同僚、大学生に、生徒が神経学的に高いレベルで学習できる、テクノロジーを使った音楽教育法を指導しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

他のピアノ上達のヒントを見る