初見上達のヒント

【はじめに】当たり前かもしれないけど、意識すること


  • 演奏を始める前に楽譜を確認する。
  • 手元を見ずに練習する。
  • 大きな声でビートをカウントしながら演奏する。
  • メロディを頭の中で歌う。
  • 音感と音楽理論のトレーニングに取り組む。

【すぐ上達したいあなたに】語呂合わせで5線譜を攻略


【画像】五線間音と五線上音

  • ト音記号の5線の間の音を覚える。(ファラドミ)(FACE)
    5線の間の音が下からFACEと並んでいるのでFACE(フェイス)と覚えます。
  • ト音記号の5線の上の音を覚える。(ミソシレファ)(EGBDF)
    5線の上の音が下からミソシレファ。「味噌汁は?(ミソシレファ)」と覚えます。
  • へ音記号の5線の間の音を覚える。(ラドミソ)(ACEG)
    All Cow Eats Grass(オール カウ イーツ グラス=全ての牛は草を食べる)
  • へ音記号の5線の上の音を覚える。(ソシレファラ)(GBDFA
    Good Boys Do Fine Always
    (グッド ボーイ ドゥ ファイン オルウェイズ=良い男の子はいつもよいことをする)

  • このレッスンはレベル4A メソッド15-18 (動画1:44 - 2:50)で演奏できます。音符を見て瞬間的に鍵盤を押さえられるようになれば、初見力はグッと上達しているでしょう。

    *へ音記号については練習楽譜をヘ音記号を瞬間的に弾く練習法で公開中です。

【効く順】初見力アップに効く、ピアノマーベルでのメニュー

  • 初見テスト「SASR」を毎日受け続ける。
  • レッスンの 1レベル低いメソッドを弾きなおす。(今のレベルが3Cなら3B)
  • レッスンの1レベル低いテクニックを弾きなおす。
  • 楽譜リストの曲を毎日演奏する。
  • 楽譜リストにある1レベル以上、上の楽曲を完成する。

  • 初見テスト「SASR」とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

他のピアノ上達のヒントを見る