ピアノの独学について

ピアノの独学は可能か?

前提としては、ピアノ教室に通うのがベストです。専門家に正しい方向に導いてもらうのが上達の早道です。フォームやタッチを見てもらい、自分では気づかない悪いクセを都度、指摘してもらえます。基本的に教室に通うことをオススメします。

とはいえ、様々な理由で通えない方もいらっしゃると思います。そんな方も悲観する必要はありません。コンテストへの出場やクラッシックピアニストは別ですが、世の中のピアニストにはピアノ教室に通わずに活動されている方も多くおられます。音楽は本来楽しむもの、本人のやる気と楽しみ方次第で独学は可能です。

ピアノの独学に大切な事

姿勢とフォーム

ピアノの独学の一番のデメリットは姿勢とフォームを指摘してくれる先生がいないことです。姿勢とフォームは演奏に集中すると崩れがちになり、よくないクセをつけてしまうことにもなります。いつでも基本の姿勢とフォームを意識して練習していきましょう。

すぐにピアノを弾ける環境

ピアノを弾くのに時間や手間をかけずにすぐ弾ける環境を作る事は、続けることが大事なピアノ練習においてとても重要です。一手間があなたのモチベーションをさげ、あなたがピアノと向き合う時間を減らしてしまいます。

マイペースに楽しむ

音楽を演奏する上で、演奏者が楽しんで演奏する事はとても大事です。なので日頃の練習からマイペースで音楽を楽しむことは実は一つの大切なことです。ストイックになり過ぎないようにピアノで音楽を楽しみましょう。

できるだけ毎日ピアノに触れる

多くの現役ピアニストも1日4〜8時間はピアノの練習をしています。どこを目指すかによって練習時間は異なりますが、ピアノを身に付けたいのならできるだけ毎日ピアノとの時間を作ることをおすすめします。

ピアノの先生に見てもらう

独学は可能とはいえ、ピアノの先生による客観的な指摘や指導はとても大切なことです。1ヶ月から2ヶ月に一度くらいはピアノの先生に指導してもらうことをおすすめします。

続ける事

最終的に一番大切な事は続ける事だと思います。うまく弾くことができなかったり難関な壁にあたり、ピアノが楽しめなくなる時はくると思います。休んでもいい、でも諦めないでいること。ピアノはあなたの人生を素晴らしくします。何より大事なのは続けることです。

初心者の教材の選び方は?

最初につまずかないように簡単な教材を選ぶ

楽譜の読み方から学び直すのが効果的です。動画の音符の種類覚えてますか?

音符の種類

指番号・ミドルCポジション・リピート記号・拍子

まずは始めることが大切

興味のあるうちに始めるのがおすすめです。ピアノ学習アプリ「ピアノマーベル」は30日無料トライアル実施中。ピアノマーベルは先生の代わりにリズムと音程の間違いをすぐに指摘してくれ、つまずきにくく段階的に学べるようになっている教材なので、独学でも効率的にピアノを習得できます。目安ですがレベル4を終了する頃には楽譜が読めるようになっていますので、そのあたりを目標にまずは始めてみましょう。

30日無料お試しへ

他のピアノ上達のヒントを見る