30日無料お試し

音符と休符【音の長さ】

そもそも音符と休符って?

音の長さや、休む長さを表す記号です。ここで学ぶのは↓


【画像】これから学ぶ音符と休符


音符の種類で音の長さが変わる

【初心者向け】ピアノレッスン1A 「楽譜の読み方、全音符〜8分音符・休符」 の動画

ピアノレッスン1A 「楽譜の読み方、全音符〜8分音符・休符」

全音符、2分音符、4分音符など。まずは音符についての説明動画をご覧ください。


動画の説明にならって、音の長さをパイ(円)の大きさで例えます。

  • 全音符: パイ1個分
  • 2分音符: パイ2分の1個分
  • 4分音符: パイ4分の1個分
  • 8分音符: パイ8分の1個分

2分、4分、8分音符の数字は全音符を基準にした時、何分の1の長さかを表しています。 全音符は4分音符が4個分です。

可能であれば数え方(カウントの仕方)も覚えましょう。
ワン (エン) トウ (エン) スリー (エン) フォー (エン)


休符は休む記号

【初心者向け】ピアノレッスン1A 「楽譜の読み方、全音符〜8分音符・休符」 の動画

ピアノレッスン1A 「楽譜の読み方、全音符〜8分音符・休符」

動画の続きをご覧ください。


ご覧になっていただいた通り、休符も同じ名前の付け方です。 まずは全休符、2分休符、4分休符まで覚えましょう。 休符の長さの分だけ休みます。(演奏しません)


【まとめ】 全音符、全休符を基準に何分割するかで理解しましょう。

【画像】全音符〜8分音符と全休符〜4分休符

ピアノマーベルではこのようにピアノの基本から練習をスタートできるので、ピアノ初心者の方もつまずくことなく練習していけます。

現在30日無料でお使いいただけますので、まずはお試しください。

30日無料お試しへ